建物は多く、土地は少なく

投資用の不動産を購入する場合、土地と建物を併せて購入することになります。

(借地権の場合も、税法上は土地と同様の扱いになります。)

 

区分所有マンションの場合には土地を購入している感覚はないかもしれません。

しかし、契約書をよく見てみると土地の権利も入っています。

 

契約書中の売買代金の部分に

「土地4,000万円、建物6,300万円」

と明記されていたり、

「総額1億300万円、うち土地4,000万円」

と記載されていれば分かりやすいのですが、

「総額1億300万円、うち消費税相当額300万円」

と記載されているケースが多々見受けられます。

 

この場合、消費税相当額が300万円なので建物価格は300万円×105/5=6,300万円

土地価格は1億300万円-6,300万円=4,000万円と計算して把握するしかありません。

 

なぜ、このように分かりにくい表記をしているのでしょうか?

 

それは売主は建物金額が低い方が消費税の負担が少ないためです。

売主は建物金額のうち、消費税を国に納税しなければなりません。

(課税事業者の場合に限る)

建物が4,200万円なら200万円、6,300万円なら300万円を納税しますから、できるだけ建物金額が低い方がよいのです。

ついでに言えば、不動産業者も税抜売買価格から3%の仲介手数料を取りますので建物金額が低い方がほんの少し仲介手数料が高くなります。

こうして、買主は建物金額が高い方が有利なのにも関わらず、建物金額が低く売買契約書が作られる傾向があります。

最低でも土地と建物の固定資産税評価額の比率までは建物比率を高める交渉はするべきです。

売主や不動産業者の言うことを素直に聞いていては損をするだけです。

 

 

買主は建物金額が高い方が有利なのは建物価格は減価償却により経費にすることができるが、土地価格は売るまで経費にできないためです

 

(例)総額1億円、家賃年収1,000万円の不動産を購入した。耐用年数は10年であり、10年後に8,000万円で売却した。

 

 ・ 土地2,000万円、建物8,000万円の場合

  ☆1~10年目の所得税・住民税(43%)

   (家賃収入1,000万円-減価償却(建物の1/10)800万円)×43%=86万円

   86万円×10年間=860万円

  ☆売却時の所得税・住民税(20%)

   (8,000万円-2,000万円)×20%=1,200万円

  ☆合計税負担

   860万円+1,200万円=2,060万円

 

 ・ 土地8,000万円、建物2,000万円の場合

  ☆1~10年目の所得税・住民税(43%)

   (家賃収入1,000万円-減価償却(建物の1/10)200万円)×43%=344万円

   344万円×10年間=3,440万円

  ☆売却時の所得税・住民税(20%)

   (8,000万円-8,000万円)×20%=0円

  ☆合計税負担

   3,440万円+0円=3,440万円

 

 

どうだったでしょうか?

合計税負担も建物価格が高い方が有利ですし、土地価格は売るまで経費にできずキャッシュフローに貢献しないのです。

節税は購入前から始まっています。

売買契約書の原稿の段階で土地・建物価格の按分は慎重に検討しましょう。

 

このように紹介すると「では1億円の不動産を土地500万円、建物9,500万円として契約できるのか」という質問が必ずあります。

結論から言えば、NOです。

根拠のない按分はできません。

この土地・建物の価格の按分について税法上は「合理的な方法で按分」という曖昧な表現で規定されています。

 

ある事案でこの按分を最高裁まで争い、固定資産税の評価額で按分することが合理的という判決が出たことがあります。

これが唯一の按分方法ではありませんが、税務署と争いになった場合には税務署側はこの判例を出して固定資産税の評価額での按分を主張してくるケースが多いと感じられます。

他の按分方法を利用する場合であっても固定資産税の評価額で按分した価格はある程度気に留めておいた方がよいでしょう。

 

そのほかに不動産鑑定士の評価額で按分、路線価で土地を計算し残りを建物とする、建物を再調達価格で計算し残りを土地とする、これらの折衷など種々の按分方法があります。

自分に最も有利なものを選択できるわけではなく、合理的な計算方法を利用するのが建前ではあります。

しかしある程度の計算の裏付けがあれば税務署と交渉することはできますのでいろいろな方法を検討してみて下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://setsuzeiooya.com/mt/mt-tb.cgi/39

コメントする

   お問い合わせ

1部 不動産投資の目的
 1 賃貸事業拡大目的
  →積算の高い物件狙い
  →ボロ物件を修理

 2 所得税対策目的
  →超短期投資法

 3 副収入目的
  →ワンルーム買い増し

 4 相続税対策目的
  →法人名義で建築

2部 不動産購入前
 1 信頼できる業者を探す
 2 複数の専門家に相談する

3部 不動産探し
 1 表面利回り
 2 構造
 3 立地
 4 積算評価
 5 価格は売主の希望価格
 6 同じ物件を見かける
 7 未公開物件とは

4部 融資付け
 1 融資を受けられる金額
 2 バランスシート
 3 融資を考えた確定申告

5部 不動産投資の基礎知識
 1 なぜ不動産投資なのか
 2 不動産投資のポイント
 3 利益とキャッシュフロー
 4 短期売買は儲からない?

6部 不動産購入編
 1 建物は高く、土地は低く
 2 固定資産税の精算金

7部 不動産売却編
 1 出口戦略とは
 2 不動産売却時の税金
 3 特定事業用資産の買換特例

8部 比較で分かる不動産投資
 1 1棟買いVS区分所有
 2 新築VS中古
 3 都市部VS地方
 4 鉄筋コンクリートVS木造
 5 住居用VS事務所・店舗用
 6 家賃保証VS非家賃保証
 7 変動金利と固定金利
 8 保険の年払と一括払

9部 節税・税金対策
 1 節税と脱税の違い
 2 「経費を増やす」とは
 3 節税の優先順位
 4 消費税還付
 5 まずは青色申告
 6 購入名義を工夫する
 7 法人化で節税(総論)
 8 不動産所有法人
 9 サブリース法人
 10 不動産管理法人
 11 青色事業専従者給与
 12 旅費交通費
 13 小規模企業共済
 14 生命保険で節税
 15 9室と10室で大きな差
 16 出張日当で節税

10部 税務調査対策
 1 抜き打ち調査はない
 2 修正申告と更正処分
 3 「お土産」とは
 4 購入・建築初年度の調査
 5 不動産賃貸(個人)の調査
 6 不動産管理会社の調査
 7 サブリース会社の調査
 8 不動産所有会社の調査

11部 あの節税策の短所
 1 築22年以上の木造を買え
 2 管理法人は万能ではない
 3 減価償却定率法で節税

12部 借地権と底地権
 1 借地権とは

13部 法人化のポイント
 1 株式会社or合同会社
 2 資本金はいくら?
 3 株主(出資者)は誰?
 4 決算期は何月?

14部 コラム
 1 消費税増税の影響
 2 地主さんにはかなわない
 3 仲介手数料は3%?
 4 相続税還付とは
 5 帳簿作成には専用ソフト
 6 取得税・登記費用の資産計上不可

15部 あの情報商材の中身
 1 超合理的節税法
 2 節税投資のススメ
 3 健康保険を安くする方法
 4 改正で200万円超節税法

16部 不動産投資にかかる税金
 1 不動産取得税
 2 登録免許税
 3 印紙税
 4 所得税と住民税
 5 事業税
 6 固定資産税

17部 届出・申請書と記入例
 1 個人事業の開廃業届出書
 2 青色申告承認申請書
 3 青色事業専従者給与の届出
 4 給与支払い事務所の開設届
 5 源泉税の納期の特例申請書

18部 おススメの書籍
 1 ここまで明かしたく
   なかった節税強化書
 2 家主さん、地主さん、
   もっと勉強して下さい。
 3 アパマン経営、なぜ
   失敗するのか
 4 中古のワンルームを
   3戸持ちなさい
 5 無税入門

このサイトは志賀公斗税理士事務所が運営しています。
お問い合わせ、講演・取材依頼、広告のお申し込みは
こちらより

姉妹サイト
すごく詳しい相続税節税サイト